2003年8月27日、28日 お泊りファンダイブ
ポイント 大瀬崎
ショップ サンライズ大瀬崎
料金 平日宿泊4ダイブ(ガイドなし)クラブ割引 13,360円
ナイト1ビーチガイドつき ガイド代4,000円+
タンクチャージ1,000円
レンタル料金 BCD 1,600円
レギュレーター 1,600円
ウエットスーツ 1,600円

初日

コンディション 天候 晴れ時々曇り 気温30℃ 水温22.8〜24.8℃ 透明度3m〜5m セルフ&ナイトはガイド内山さん
スポット 1本目〜3本目 湾内
4本目 湾内(ナイト)

2日目

コンディション 天候 曇りときどき晴れ 気温26℃ 水温約23.2〜23.5℃ 透明度6m〜8m セルフ(スーパーガイド黒幕)
スポット 1本目 大川下
2本目 湾内


今回、チーム初のナイトダイビングをメインイベントとした部活動をしました。
はじめセルフで行ったのですが、透明度が悪くてはぐれる人が出る始末。しかし、
その後バディをきちんと決めてスーパーガイド黒幕に
ついていって気持ちよく潜れました。
 わたしは、アドバンスの講習時に1度だけナイトをやったっきりなかったのでどきどきでしたが、
夜の水中生物も面白いなと改めて思いました。
ただ、夜潜るとシャンカシャンカの反省会スタートが遅くなってしまうので、
今後はナイト優先か反省会優先か迷うところです。

大瀬崎の入り口、フィン型の看板です。
(撮影者 Hiro)
青がきれいに出ていい写真ですね。
(撮影者 Hiro)
ソフトコーラルも華やか。
(撮影者 Hiro)
今回は、黒幕のスーパーガイドっぷりが
かなりかっこよかった!(撮影者 Hiro)
ハコフグ。お花畑にいるようですね。
(撮影者 Hiro)
漂流後のゴージャスシライ。
無事でよかった。
シャボアニ(プーさん)と記念写真。
はじめみんなで撮るつもりが透明度悪すぎで
みんな写らず断念。
ゴンズイ玉。これだけみるとすげー
魚影が濃いように感じる。
しかし、お魚は少なめでした。
オキゴンベ。ちょいスネオ君みたいな表情ですね。 ソフトコーラル。暗くなってしまったが、
見事です。
お決まりのミノカザゴ。おまえだけだよ、
こころよく写真とらせてくれるのは・・・
カワハギのとぼけた表情がいいね。
超浅場にいた青い魚たち。
なんていうんでしょ?
ナイトにて。ダイバーを撮ったつもりが
水中ライトの光線しか写らなかった。
夜のヒメジは目がまん丸。 お魚さんたちは夜、寝てるせいか
動きがにぶい。ふらふらしてるぞ。
ホタテウミヘビも目がまん丸。
なんでだろ〜♪
ヒメジくん、寝床を激写して
申し訳ないね。
この子はどこのこ。ちっちゃくてかわいいぞ。 カワハギだ。ナイトで上向きに撮影すると
バックが黒で引き締まって見える。
いい感じだ。
夜の岩場はガンガゼだらけ。
そのなかに混じってオトヒメエビが
よじ登ってました。
ナイトが終わって、反省会。
いつも通りに深みにはまっていく・・・
みんなほろ酔いでいい感じ。
ん、なんか真ん中不自然な気が・・・
どういうこと??
翌日のあさ、みんな7時に起きようと
言ってたくせして誰一人として起きようと
しない!
大瀬崎名物(?)ムラサキハナギンチャク。
(撮影者 Hiro)
フトアシウミシダ。植物なのかと思っていたら
棘皮動物(きょくひどうぶつ)なんだそうです。
生きてるんですね。(撮影者 Hiro)
ガンガゼとキタマクラ。(撮影者 Hiro) ボディはミノカナゴのようだが
ムナビレがホウボウっぽい。
なんなんだろ?(撮影者 Hiro)














































































































































反省会で飲んでさきに寝ちゃうとこうなるぞ!