2007年11月23日(金)
伊豆海洋公園ファンダイブ

ポイント 伊豆海洋公園
ショップ P−FISH
料金 2ビーチダイブ 11,550円
(すべて税込)
天候 気温 水温 透明度 ガイド 海況
晴れ時々曇り 12℃ 20℃ 12〜15m 平井さん
1本目 1の根 良好
2本目 砂地 良好

※画像をクリックすると大きくなります。
連休初日にしては人がわりかし
少なめなIOPでした。でもにぎやか。
この日のIOPは、透明度15mくらいで
司会良好快適水温21度。
まだ5mmウエット+フードベストでいけたかも。
おえかきせんせいに生物している平井さん。
わかりやすい説明いつもありがとう。
”タテジマヤッコ”
ちょっと前までクマドリカエルアンコウは
かなりのレアもの扱いされていたと思ったが、
ここ数年いたるところで発見されているような
気がするな。
”クマドリカエルアンコウ”
必死になって何枚も写真撮っていましたが、
白が飛んじゃってほとんどだめ。せっかく
かわいいのにだいなしさ。
あくび?していました。口閉じかけが撮れた
のですが、とてもカエルっぽい。
こちらは”ベニカエルアンコウ”クマドリじゃなくても
かわいいぞ!
ようやくカエルアンコウという呼び名に
慣れてきました。
”カミソリウオ”ペア。奥にいるのがたぶんメス。
おれはわかんなかったけど、胸びれのあたりに
卵を抱えているそうです。
さてこれはなんでしょう??
正解は”ホヤ”の口です。あんがい
きれいな色してますよね。
”カスザメ”砂地に潜っているところを発掘。
よく見つけられるなぁ。
きらきら輝く”キビナゴ”を捕食しに”サバ”が
集まっていました。ちなみにいま、日本酒
のみのみキビナゴの干物食べながら
このページ作っています。
”シマウミスズメ”ちっちゃなひれで
必死こいて泳いでいる姿が好き。
YもとさんとそKさん。真ん中奥はSもとさん。
今度は一緒に潜りましょう。
2本目、砂地へ行ったらアジがいっぱいいました。
そうだ、今夜の肴に干物を買っていこうとこのとき
思いました。
"ヒロウミウシ"拡大して載せてますが、
ゴマ粒よりも小さく、なおかつこれで成体
だそうです。きっと、自分で見つけ出すことは
一生ないだろう・・