2003年12月4日(木)〜11日(木)
セブ島ダイブマスター講習



とうとうやってしまいました。ダイブマスターチャレンジ!
でもほんとはダイブマスターになろうとは思っていなかったんです。
なぜ取ろうと思ったかというと3つ理由があします。

ひとつは、ClubDeepBlueにDM以上がいないこと。ガイドなしでもがんがん行きたいと
思っていてもポイントによっては
「DM以上の方がいないとセルフダイビングは認められない」
というところがあるんです。

ふたつめに、わたしはスペシャリティ5個とってマスタースクーバダイバーまでいいやと思ってたんです。
そしてやっと5個のスペシャリティを取得しいよいよMSD申請かとおもいきや、
「PPB(中性浮力)とAWARE〜お魚の見分け方〜はスペシャリティにカウントされないんだよ」
といわれ、なんだよPADI、そんなこと一言もうたってねーじゃん!と思ってMSDなんてもういいや!
って思ったのがひとつ。

みっつめは、「12月、どっかいってしまえ!」と上司に言われたのです。それだけだとやばそうですけど、
実は秋の仕事がいそがしくて休日出勤いっぱいしてて、その分の代休がたんまり
たまってるので消化してこいということでした。長期連休といってもなかなか一緒に
いくひといないし、どうせ一人なら今しかできないようなことをやろう!
という3つの理由が重なってダイブマスターを目指すことになりました。

初めての海外一人旅、プロ資格の講習ということで緊張と不安がありましたが、
セブの気候のよさ、気さくな現地スタッフとのふれあい、
セブへ訪れていた多くの日本の人たちとの出会いがあり
とても思い出深い一人旅になりました。

ダイブマスターになるまで(講習内容)はこちら!

場所 セブ島、マクタン
旅行会社 Marine Jack
現地宿泊ホテル PACIFIC CEBU RESORT
ダイビングショップ P.C.DIVERS(パシフィックセブリゾート内)
料金 ★PADI
ダイブマスター講習
8日間
(レスキューダイバー
所持

MFAorEFR
所持および
有効期限内)
(ツアー代金に含まれるもの)
往復航空券・ホテル宿泊日数・空港〜ホテル間往復送迎・滞在中のお食事・ダイビング料金・ダイブマスター講習代
(含まれないもの)
成田空港施設料・現地空港税・航空保険料・海外傷害保険料・現地で個人的に利用した施設・お飲み物等・追加ダイブ・レンタル器材・教材・ダイブマスター申請料と年会費
98,800円+
1人参加追加料金4,000円(1泊)
※キャンペーン期間中だったので
2,000円(1泊)×7泊=
14,000円+
消費税(5,640円)=

118,440円
成田空港施設料 税込み 2,040円
マクタン空港施設料 550ペソ(1ペソ2.4円くらい) 1,320円
合計 121,800円
教材 ダイブマスターマニュアル 3,860円
ダイビングナレッジワークブック 3,980円
エンサイクロペディア 13,000円
レクリエーション・ダイブ・プラナー
(ダイブテーブル)
1,500円
レクリエーション・ダイブ・プラナー
(THE WHEEL)
4,400円
その他 ダイブマスター申請料 10,000円
ダイブマスター年会費 30,450円


12/04 14:25
成田からフィリピン航空の飛行機で
出発です。
12/04 18:55(現地時間)
マクタン航空に到着。
12月だけあって、通りはクリスマスの
イルミネーションで飾られていました。
パシフィック・セブ・リゾートのカウンターです。
バスから降りたら、パイナップルジュースと
貝のネックレスのお出迎えがありました。
ここはホテルのレストラン。わたしは全食事つき
ということで、チェックインしたときにもらった
ミールクーポンという券をわたして食べます。
ちなみにバイキングがほとんど。
到着したときの最初の夕飯。
肉もビールおいしかった。
この1F真ん中の部屋が宿泊したところ。
講習生用の部屋らしい。すぐとなりがショップ
なのでぎりぎりまで寝てられます。
区画ごとに魚の名前がついていて、
ここはエンゼルフィッシュの602号室。
エアコンはやかましが快適な部屋です。
ベットは2つありますが、1人なので
片方はテキストなどを散らかしっぱなしでした。
お風呂はトイレと一緒なので湯船にはいることは
なかったです。シャワーの引っ掛けが
割れていたので使い勝手はいまいちだった。
講習でお世話になったP.Cダイバーズ。
毎日早朝から現地の人たちが働いていました。
講習用ダイビングプール。
全長20m、深さ半分は1.2m、
もう半分は3.4mあります。
つらい思い出がのこっています・・・
パシフィック・セブ・リゾートのプライベートビーチ。
あまり人がいることがないですけど、
きれいですよ。
P.Cダイバーズ内の講習ルーム。
ここからダイブマスター講習が始まりました。
ショップから見える、海と桟橋。桟橋の先端は
ポイントに出るための船乗り場と、PCR PIREと
いうビーチエントリーのポイントになっています。
歩くとけっこー長いです。
講習2日目の体験ダイビングにインターンシップと
いうことで付き添いをしています。といっても
この方はOWもってますので、スクーバリビュー
になりますけどね。
2人できていた川上さん夫婦(?)
おねーさんのほうは残念ながらこの後
水が怖いということで海には潜りませんでした。
つぎの機会にまたチャレンジしてください。
仮にもインターンシップ中だというのに、デジカメ
持っていってしまいました。さすがにやばいかな−と
思い、次の日からはひかえました!
ポイントは、マクタンのボートポイント、HILUTUNGAN。
だいたいどこのポイントもドロップオフ沿いを進んでいく
感じです。流れがあるのでドリフトダイビングになります。
このときのガイド、ジェラルド。
いかついイケメンって感じでした。
ナンヨウツバメウオ。10月に伊豆の川奈で
幼魚をみたことがありましたが成魚は伊豆では
みられないそうです。体長30〜40cmあるので
ケッコーでかい!こいつが大群で現れたので
ちょっと感動。
オヤビッチャがいっぱい。ただでさえ
いっぱいいるのに、
ジェラルドからもらったパンをかざすと、 こんなにオヤビッチャがよってきます!
も〜ガンガンよってくる!! さ〜おいでおいでっ!
ナンヨウスズメウオもよってきますが、
私はこいつにえさと一緒に指をぱくつかれ
あわててパンをはなしてしまいました。
透明度はそんなにいいってわけじゃないけど、
サンゴと魚と太陽の光の風景が心地よい。
サンゴとお魚たちってありがちな風景だけど、
このありがちにみれるっていいことだよね。
ナンヨウツバメウオのドアップ!
かわいいの〜。
体に傷があるようです。
生きてくって大変!
がんばれー!!
”ファインディング・ニモ”で人気急上昇の
クマノミ。
ニモとマーリンって感じ。
ドリーはどこかな?
(ファインディング・ニモみた人
じゃないとわかんないだろな。)
名前はわからんがなかなかかわいいウミウシくん。
いろいろな奴がいておもしろい!
川上さんと2ショット。関西からきたそうです。
そのうち関西エリアにも潜りに行ってみたい。
講習4日目のOW講習アシストインターンときの
ショップ最年少インスタラクター”ミツ”さん(右から2)と
山口夫妻(両サイド)です。やはり日本人の
イントラだとほっとする。
講習5日目のAOW海洋講習のアシスト
としてのインターンをやったときのインストラクター
の”JOE”日本語がうまい!
講習最終日のOWプール講習を受けていた
かわいい女性3人組のエミ、サチ、アヤ。
”おちょおちょ〜♪”に負けじと
”台湾のバナナはピーナッチョパーナッチョ♪
と不思議な歌と振り付けを
披露してくれました。
”TEAM Ti−ki Ti−ki”の担当インストラクター
のジュリー。ちょっとあやしいが、ノリがよく
いいリアクションしてました。
私のとなりは、PCダイバーズ唯一のマスター
インストラクターで、ダイブマスターの
認定をしてくれたTETUさんです。
なぜかいっしょに柿の種をたべています。
姉御肌のインストラクター、ヨーコさん。
やさしく(?)わからないところを教えてくれました。
窓越しの彼は、私と同じくセブに来てダイブマスターを
受講してそのままAI(アシスタントインストラクター)
を受講中のコヌタさん。いわば私の兄弟子と
いったところかな。
かれらは、クリスマスにむけてショップ内の
飾り付けの準備をしていました。
まるで幼稚園のよう。
クリスマスイベントの出し物のダンスの練習中
なんだそうです。わたしも練習に誘われましたが
恥ずかしくって遠慮しちゃった。日本人の
わるいとこだな。
こっちではワン プラス ワン〜イコール ツー〜♪
という足し算の歌がはやっているらしく、
歌詞の中の”おちょおちょ〜”ってところでの独特な
振りがたのしい。おちょおちょはこちら
桟橋の向こうに見える夕焼け。
きれい。
ナイトダイビングもしたかったな。
12/11 7:55(現地時間)
マクタン空港出発。
ホテル出たのは5:30!はえーって!!
到着は13:25(日本時間)
飛行機の窓から。
なんだかなごりおしい〜!
次回はファンダイブでこよう。
バイバイ、セブアイランド!
またくるよ〜!