ひとり寂しく記念撮影。
しかしセルフタイマーと戦っている自分が
少し好きでした。

[ 一覧 : 前の写真 | 次の写真 ]