エントリー

絶縁監視装置 使用不能状態での月次点検

2023年1月28日から発生している

KDDIサーバー障害にて

ムサシ絶縁監視装置使用不能

は、2023年2月6日現在

いまだ復旧しておりません。

20230206182538.38.39.jpg

もちろん

試験送信ボタンを押しても

コンセントを抜いても

通報はできませんでした。

 

この件で、

「月次点検ができない!」

なんて意見をどこかで見かけましたが

全然そんなことはなく、 

私は普通に

月次点検をおこなっています。

20230206182542.20.17.jpg

月次点検報告書の

点検項目[絶縁監視装置]

に関しては

「※絶縁監視装置の

運営会社サーバー障害のため

現在通信不能。

後日復旧後に

遠隔にて

通信確認を行います。」

と説明文を追加し、

復旧後に遠隔で

確認することとしました。

障害が1か月を超えることはないと

思われるので

点検頻度にも影響ないと思います。

 

一点だけ問題と思ったのは

20230206182539.01.04.jpg

トランスB種測定で

Ioでは50mAを超えるので

Ior検出方式の絶監を

使用している現場。

クランプの測定値を

そのまま記録してしまうと

50mA超えてしまい

毎月点検に移行しなければ

ならない、のかもしれません。

20230206182540.04.58.jpg

 Iorが測定できる測定器でIo59mA→Ior4mA。

この数値で記録すれば問題なし。

たぶんですが、すべての管理技術者が

Iorで測定できる測定器を

持っているとは思えないので、

20230206182541.10.23.jpg

 幹線ごとに測定を行い

バンク内幹線測定値の

最高値が50mA以内なら

よしとする、とかでいいのかなとも

思いました。

 

今後のためにも

使用中の設備での

漏電か否かの判断ができるので

Ior測定器を1台持っていたほうが

いいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クランプメーター リーク電流 I0R500
価格:93683円(税込、送料別) (2023/2/6時点)

手持ちのクランプと

組み合わせて使用する

こんなのだと安く済みそうです。

NFで所内SOG制御装置試験

とあるポンプ場での

リレー試験。

20230201193113.jpeg

電気室に

PASの所内SOG、51,27,漏電リレー、

3Eリレーに加え

盤の計器更新に伴う

計器校正試験もあるので

NF回路設計ブロック

RX4713(I3)と

RX4718(V3)で

全部こなしました。

20230201193114.jpeg

NFでの地絡方向継電器試験では

位相特性試験器の位相極性

書きましたが

VoのT-EかIoのKt-Ltのどちらかを

マイナス極性で接続。

毎回離線が必要な回路に

線番札へ

端子番号を書いて

つけっぱなしに

しておくことがあります。

テープ巻き端末処理

先日の

アンローダー上へのケーブル耐圧試験

3kV CVケーブルと6kV CVケーブル

続き。

20230130095352.43.08.jpg

これは耐圧試験前

静電容量の確認。

新調したDMM

KEYSIGHT U1241Cは

OLEDディスプレイで

暗くても文字見やすい。

他有名メーカー品で

こういうディスプレイの

ハンドヘルドDMMは

検索しましたがないようです。

電池の持ちが

若干悪くなるからでしょうか?

 

何気なく

端末材料の箱があったので見ていたら、

20230130095353.16.30-1.jpg

左の”テープ巻形 屋内端末”が

気になりました。

昔はストレスコーンが無くて

テープ巻きで端末作っていたと

聞いたことはありましたが、

製品としてあるなんて

知りませんでした。

20230130095355.13.48-2.jpg

ここで使われています。

工事責任者に話を伺ったところ、

20230130095454.17.15.jpg

接続するボックス内が狭く

ストレスコーンでは干渉するかもしれず

手巻きなら調整できるから、

という理由だそうです。

そして、

テープ巻きで端末作るには

匠の技が必要と

言っていました。

 

耐圧試験のスケジュールで

訪問しているので、

端末作業風景が見られず

とても残念でした。

3kV CVケーブルと6kV CVケーブル

先日の

アンローダー上へのケーブル耐圧試験

の続き。

 

3kV系の設備で

既設は3kV CVケーブルでしたが、

入手の関係で

6kV CVケーブルを使用していました。

20230129171347.04.11.jpg

比較にちょうどいい

断面画像が撮れました。

 

シールドの銅テープが

3kVは3相の上から、

6kVは1相ずつ巻かれています。

おかげで耐圧試験は

3相一括一発でできました。 

20220112061553.28.22-1.jpg

↑3kV CV耐圧試験回路図

3kVCVは最低2回耐圧必要です。

 

ただ、3kVの物より

被覆が厚いせいで

かなり通線に

苦戦したので

予定より4時間押しました。

 

ちょっと灯りが欲しいときには↓

地中埋設や見えないところの

配管を通さなければならない

ケーブル更新は、

既設端末

切り落としたら

後戻りできないので

入念な事前調査はもちろんするが

それでもある意味ギャンブル。

ahamoに変更すべき?

  • 2023/02/03 06:00
  • カテゴリー:事務

docomoから

20230129065004.49.11.jpg

ケータイ料金プランの

ahamoおすすめDMが届いてました。

 

ケータイは

仕事用電話としてauガラケーと

docomoのiPhoneを使用しています。

 

山間部ではdocomo、

都内の地下ではauが

繋がりやすいので、

着信順序は

au

つながらないときはdocomoへ転送

出られないときは

docomo留守電

の順で応答する設定にしています。

 

この設定のおかげで

昨年のau通信障害の時は

慌てず過ごせました。

 

docomoのスマホは

家では光回線で無線LAN、

車ではポケットWi-Fiを

使用しているので

毎月のデータ通信量は

10GB未満、

DMが気になったので

サイトで料金確認を

してみました。

20230129064231.51.38.jpg

現在の契約で5,150円、

ahamoに替えると2,970円と

お得なようです。

ただ単に安くなるなら良いが

電話としての内容に

変わりがないのかが気になり

さらに調べてみたところ、

20230129064232.52.20.jpg

変更すると

留守電が使えなくなるようです。

 

というわけで

ahamoへの切り替えは

やめました。

アンローダー上へのケーブル耐圧試験

アンローダーとは、

港湾荷役機械の一つで、

バースにおいて、

ばら積み貨物を

陸揚げするためのもの。

だそうです。

ウィキペディアより)

 

設備の中間くらいに

電動機があり、

さらにその上に引込と電気室があり、

それに関する高圧ケーブル更新に

伴う耐圧試験をおこなってきました。

20230129171346.06.14-1.jpg

20m耐圧試験用15kVネオンシールドコードを入手

で作成したネオンコードを

上からクライミングロープをおろして

引き上げて使用しました。

 

今回ネオンコード20mで

足りましたが、

今後を考えるとやはり

30mくらいは

あったほうが安心できます。

機会があったら

またほどよいネオンコードを

探すか延長するかを

考えたいと思います。

骨董趣味でデザイン買い

暇なとき

ヤフオクで

中古測定器を眺めるのが

好きです。

20230129063231.53.47-1.jpg

これは

YHP

(横河ヒューレット・パッカード)の

可変キャパシタ

DECADE CAPACITOR 4404B

 

テスター校正用に

校正用に可変コンデンサボックスを購入

購入したものがあるから

全然必要ではないのですが、

ぶっちゃけ

カッコよく感じて

物欲が止まらず

落札してしまいました。

 

昔の計器って

デザインが良くて好きです。

整理整頓は苦手ですが

いつかきちんと整理して

かっこよく並べたいと

考えています。

マイナス端子から外す

  • 2023/01/31 06:00
  • カテゴリー:工事

7月に書いた

非常用発電機 始動用蓄電池に亀裂発見

今月の月次点検で書いた

青い粉の現場で

非常用予備発電機始動用

蓄電池交換工事が

実施されました。

顔なじみの電気工事士だったので

工事予定日を聞いて

立会という名目で

取材をしてきました。

20230127131531.12.44.jpg

 作業開始時、

「マイナス端子から外してね」と

言っておきました。

「電気屋としてはどうしても

プラスから外したくなる」

と電工さんに言われました。

電気工事を

活線で

やらざるを得ない場合、

真っ先に充電部を外して

ビニテ巻いて

絶縁養生するだろうから

気持ちはとても分かります。

バッテリーのマイナスは

ボディー共通なので、

プラスから外した場合

万が一工具がボディーに触れると

ショートして

火花散らすことになります。

ですのでマイナスを

先に外してしまえば

安心です。

どっちかというと

車関係の仕事の人のほうが

なじみのある話かもしれません。

20230127131532.47.58-1.jpg

 青い粉の端子を外したところ。

端子のメッキが剥げてました。

やはり端子交換をお願いしておいて

よかったです。

20230127131533.49.36-1.jpg

これは2台の

バッテリー同士の繋ぐ

渡りの線です。

これも端子が痛んでいました。

渡り線は交換用バッテリーに

付属されていたので

これも交換してもらいました。

バッテリー交換の際は

端子が痛んでいる場合に

端子交換できる準備も

お願いしておいたほうが

無難だと感じました。

20230127131534.55.54-1.jpg

ワセリン(付属品)も

しっかり塗っていただきました。

冬なので

ワセリン固くなっていたので

ポケットで作業中温めてから

塗っていました。

20230127131535.52.34-1.jpg

新品蓄電池の

銘板と交換目安表示を張り付け。

銘板シールだけにですが、

※電池には貼り付け禁止。と

書かれていました。

古いバッテリーには

直で貼ってありますが…

理由はわかりませんが

指示通り

蓄電池の近くに貼っておきました。

 

最後に当方にて

発電機の

自動起動、自動停止確認まで

おこなって

完了となりました。

 

作業中に端子養生で

電工さんが

ビニテを巻いているときの話。

「いつも使っているのは

このメーカーの物だが、

先日電材屋さんの展示即売会で

付き合いで買った

他社製ビニテが

調子悪くてかなわない、

とボヤいていました。

私もホームセンターで

謎メーカービニテを買って使ったら

使用後

べたべたになってしまい

後悔したことがあります。

KDDIサーバー障害にてムサシ絶縁監視装置使用不能が続く

契約需要家様に設置してある

絶縁監視装置は

すべて

ムサシインテックの

監視王Io or Iorを使用してます。

20230130103717.36.21.jpg

2023/01/29に

茨城の先輩からメールをいただき

知りました。

月末は月次点検に行かないので

試験送信を試せませんが、

きっとだめなんでしょう。

20230130102933.23.17.jpg

監視王の設定画面を開こうとすると

こんな感じ。

20230130102932.26.06-1.jpg

KDDIクラウドプラットフォームサービスの

サイトでは

2/1中目途に復旧と書いてあるが

どうなんでしょう。

とりあえず

毎月1日の

定時送信数十件分は

受信できなさそうです。 

-------------------------

2023/01/31

KDDIの発表では

復旧までに2週間以上の時間を

要するとのこと。

しばらくだめですね。

-------------------------

2023/02/04

ムサシインテック

ホームページより、

「弊社での「新サーバー」及び

「新しい通信ネットワーク」の

構築までが終了し、

最終段階として

通信テストを行う

準備をしております。」

とのこと。

多少復旧は早まるかもしれません。

----------------------------

 活線近接警報器

(リストアラームと呼んでいる)の

電池が切れていたので

電池まとめ買い。

電池は日本メーカーに限る。

電力会社都合による発電停止依頼で2往復訪問

2023年1月25日は

20230125124221.28.29-1.jpg

寒波の影響で

茨城でも日中0℃と

寒い日でした。

 

電力会社から

20230125124222.50.24.jpg

設備改修工事に伴い

1月24日ほぼ一日

発電停止の依頼があり、

工事日前日夕方に

発電停止操作、

工事日翌日朝に

再並列操作で

2度訪問しました。

20230125124223.55.37.jpg

雪が思ったより残らず

交通の乱れも

なくて助かりました。

20230125124224.53.08.jpg

寒さのため

鍵の上蓋が凍って

張り付いて

動きませんでした。

なにも武器を

持って行かなかったので

手袋をした手の平を打ち付け

開けました、痛かったです。

プラハンや

ドライバーでも

持ち歩くべきでした。

北の地域の技術者たちは

こんなこと日常茶飯事なんだろなと

思いました。

寒さ対策のため、

行きがけのワークマンで

これを買いました。

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード


お問い合わせ

2023年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

過去ログ

Feed

カウンタ

    トータル 5449551
    今日 3875
    昨日 9080
 
PVアクセスランキング にほんブログ村